打ち身(打撲)や肉離れ(筋断裂)

40代の女性への治療事例です。

1週間前に右ふくらはぎを強打し、患部が腫れあがり、歩行が難しくなりました。腫れが一向に引かず、ブーツも履けない状態で、そのために当院を受診してくださいました。ふくらはぎが広範囲で硬くなっており、この状態にお困りでした。

患者様への説明として「治療をせずに放置しておくと、治ったように見えてもたまに痛みが出るという後遺症が残る可能性がある」とお伝えしました。患者様は普段からスポーツをされており、回復力が高い方と判断し、患部に焦点を絞った集中的な治療を行いました。

治療

初診時は、患部周辺の硬くなった部位や押さえて痛い部位に対して鍼とお灸にて刺激を行いました。治療直後に患者様へ痛みの状況をお伺いしたところ、半分以下に軽減されているとの感想をいただきました。その後、週2回の割合で2週間治療を続けました。患者様からは、治療の効果に対する感想としてて、早い段階での改善を実感されたとのお言葉をいただきました。

当院では患者様一人ひとりの状態に合わせ、分かりやすい説明と効果的な治療を提供しています。痛みや不調でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。


この治療事例において、患者様が40代の女性で、打撲による右ふくらはぎの症状が主訴でした。以下は治療の考察です。

  1. 症状の詳細な把握と説明:
    • 患者様の主訴や症状を詳細に把握し、それに基づいて理解可能な言葉で説明をしました。これは患者様が治療に理解をもち、協力しやすくする上で重要です。
  2. 患者様への説明:
    • 「治療をせずに放置しておくと、治ったように見えてもたまに痛みが出るという後遺症が残る可能性がある」という説明は、患者様に治療の必要性を理解してもらう効果的な方法であり、将来的な問題の予防にも寄与します。
  3. 個別化された治療計画:
    • 患者様の回復力や日常の活動に基づいて、集中的な患部治療を選択しました。これは患者様の生活様式や活動にフィットする治療法を提供するために重要です。
  4. 治療の進捗管理:
    • 初回の治療直後から痛みが半分以下に軽減され、週に2回の治療を2週間続けることで症状が完全になくなったとの結果が得られました。進捗管理は治療の適切な調整に寄与し、患者様に安心感をもたらす要素です。
  5. 患者様のフィードバック:
    • 患者様からの感想では、初回治療からの改善を実感できたとのことであり、患者様の満足度が高いことが示唆されています。

総じて、患者様の個別の状態や生活様式を考慮し、分かりやすい説明と効果的な治療が提供されたことが成功の要因であると言えます。治療の適切な進行と患者様とのコミュニケーションが、効果的かつ満足度の高い治療結果に繋がったといえるでしょう。