肩こり(首こり)

この度は、60代の女性の肩こりに関する治療事例をご紹介いたします。患者さんは右肩のこりを10カ月前から感じており、特にスマホの使用後に症状がさらに悪化するとのことでした。また、食後に膨満感があるため、胃が弱い傾向があります。胃が弱いと、胸鎖乳突筋が拘縮しやすくなる方が多いです。東洋医学的な診断では、ストレスからくる骨盤のうっ血も肩こりの原因の一つと考えられました。

【治療の流れ】

  1. 問診: 初めに患者さんの症状や生活環境について詳しくお聞きしました。右肩のこりやスマホの使用時間、食後の症状などを確認しました。
  2. 触診: 右肩の状態を確認し、胸鎖乳突筋の拘縮や骨盤の状態を調査しました。
  3. 治療: 3回の治療を通じて、鍼灸治療を行いました。胃の弱い傾向を改善するアプローチを取り、胸鎖乳突筋の拘縮を緩和しました。また、ストレスからくる骨盤のうっ血にもアプローチしました。
  4. 治療の結果確認: 3回の治療後、肩こりの変化を確認しました。症状の改善に焦点を当てました。
  5. セルフケアのアドバイス: 日常生活でのセルフケアや予防策についてアドバイスを提供しました。正しい姿勢や適度な運動の重要性を説明しました。

【治療内容のポイント】

  • 胃の治療: 胃の弱い傾向を改善し、胸鎖乳突筋の拘縮を緩和しました。
  • 骨盤のうっ血対策: ストレスからくる骨盤のうっ血による肩こりにもアプローチしました。

【治療の効果】 3回の治療を経て、肩こりの症状が改善されました。患者さんの日常生活が楽になり、肩こりによる不快感が軽減されました。

この治療事例は、問診や触診による診断を通じて、鍼灸治療が肩こりの改善に有効であることを示しています。

  1. 問診と触診の重要性
  1. 問診と触診は治療の基本であり、患者さんの症状や身体の状態を正確に把握する上で不可欠です。この事例では、患者さんの症状や生活環境に基づいて、肩こりの原因を絞り込むことができました。
  1. 個別に合った治療アプローチ
  1. 患者さんの胃の弱い傾向やストレスからくる骨盤のうっ血など、個々の状態に合わせた治療アプローチが重要です。この事例では、胃の治療や骨盤のうっ血対策を取り入れることで、肩こりの改善に効果的なアプローチが行われました。
  1. 治療効果の確認とセルフケアの重要性
  1. 治療の結果確認を通じて、治療の効果を客観的に評価することが重要です。また、セルフケアのアドバイスを通じて、患者さん自身が日常生活で健康を維持するための方法を学ぶことが重要です。この事例では、治療後の効果確認とセルフケアのアドバイスが行われ、患者さんの症状が改善しました。
  1. 継続的な治療の重要性
  1. 肩こりなどの症状は、一度の治療で完全に解消されることはまれであり、継続的な治療が必要です。この事例では、3回の治療を経て肩こりが改善したとされていますが、定期的な治療やセルフケアの継続が肩こりの再発を防ぐために重要です。

以上の考察から、患者さんの症状や生活環境に合わせた個別のアプローチや継続的な治療、セルフケアの重要性が示されました。また、問診や触診による正確な診断が、効果的な治療につながることが強調されます。